FC2ブログ
2013.03.05 14:39|日々
みなさま、こんにちは。

今日のスキップ地方はキラキラのお日様に恵まれています。

午前中、スキップを亡くして初めて1人で外出しました。

「あぁ…、この陽の輝きをスキップと一緒に感じたかったな…」

なんて思ったり…しちゃいました。

さて、今回の記事を書くにあたり、写真をピックアップせねば…と思って
データを確認していると、
スキップが亡くなった日のファイルもあり、
「そうだ…病院から帰宅して、マンション前で撮ったんだった…」と思い
えいやっ!と気合いを入れて見返す事にしました。(苦笑)

その中には、補液を受けて帰宅してマンション前で撮った写真のほかに、
亡くなる4時間前の写真も入っていました。

その写真のかわいいこと…!(笑)

前回の記事にその写真(*3月1日 19時35分の写真)を追加いたしましたので、
お時間の許す時に、どうか見てやってください。
クリクリのおめめが、ほんとにほんとにかわいくて
にっこり微笑みながらこちらを見てくれているんですよ〜!(笑)

ではでは、前回の記事「スキップの旅立ち 1」の
続きのお話です。



* * * * * * * * * * * * * * *



2013年3月1日 23時35分ころ、天国へと旅立ったスキップ。

もう遅いけど、誰かにスキップの事を聞いてほしくて、友人に電話をすると
「すぐ行くから!」と駆けつけてきてくれました。

そして、
スキップは大往生だった! スキップは精一杯生ききった!
スキップはすごい! スキップはえらい! と話しているうちに、
今日は朝まで飲み明かして、スキップを明るく送り出そう! という事になりました。

ブログにアップするために出しておいたスキップの昔の写真たちを見ながら
かわいいだのおかしーだの、こんな表情よくしていたよねとか
この時はこうだった、あぁだった、と、笑ったり泣いたり、
スキップのまだ暖かい体にたまに触れながら、しゃべりまくりました。


やがて夜が空け、明るくなってきたので、友人が帰っていきました。


シーーーーーン… という音が聞こえてきそうな部屋の中で、心に浮かんだ言葉は


どうしよう…

どうしよう……

どうしよう………

…………………………


スキップに添い寝しながら、少しだけ寝ようか…

………………………………


そう思って、
友人が来る前に寝室に戻しておいた掛け布団を
いつも夜そうしていたように、
寝室からスキップのベッドがある仕事部屋に移そうとした時、
突然、気持ちが決壊してしまいました。
涙が急に体のそこからわき上がってきて止められなくなり
ワンワン泣き始めてしまいました。

ワンワン…というより
ウワァーーーーーンとか、ウオォーーーーーンとか
そんな感じだったかも。(苦笑)


もう止められない。
もう全てがどうでもいい。
ウワァーーーーーン。
ウオォーーーーーン。


寝室のドアの前で崩れるようにして泣いていたら、
玄関の扉の前から声がしてきました。

誰かが私に何か言ってる…

這うようにして玄関に行き、扉を開けました。

そこに立っていたのは、メリーちゃんママでした。

どうやら、私が吠えるように泣いていた声が、
マンションのポストのところにまで響き渡っていたようで(恥)、
心配して駆けつけてきてくれたのです。

その後のやり取りは、昨日、メリママとお話しして聞かせて頂きましたが(笑)
私の記憶は切れ切れです。

玄関でメリママに「泣いていいの!泣いていいのよ!」と言って頂き
抱きしめられて、私も抱きついて、ワンワン泣いていた事は覚えています。

暫く、そうやって泣かせて頂きました。

ワンワンワンワン泣きながら、でも “ちゃんとしなきゃ…” というスイッチが
私の心に小さく小さくプチッと入って、
メリママの腕の部分の洋服をキュッと握りながら、
「大丈夫…大丈夫…」と呪文のように自分に言い聞かせながら
繰り返し、つぶやいていました。

ここから少し記憶が飛んでいます。(苦笑)

ふと気づくと、メリママがスキップの亡骸のまえに座っていて、
手を合わせてくださっていました。

そして「ここをこうやってこうしましょ、ああしましょ!」と
的確に事を進めてくださり、
そうこうしているうちにボブママが駆けつけてきてくださり、
次郎くんママも駆けつけてきてくださり、
ミッフィーママとミッフィーが来てくださって、
友人のSちゃんが来てくれて、
お隣のTさんが来てくれて、
ダックスちゃんのママ・Nさんが来てくれて、
メリママの姪のS美さんとおにいちゃんが来てくれて、
そらちゃんママが来てくれて
Wさんが来てくれて……………

みなさんの心がこもった祭壇が出来上がりました。

スキップを送るためにほんとにほんと〜〜〜〜〜にありがとうございます。


20130303.jpg


後ほど個別に紹介させて頂きたいと思いますが、
スキップと私には身にあまるほどのあたたかいお心遣いを頂きまして
ありがたいことにスキップは春のお花の香りにたくさん包まれました。

な、なんと!
お花見しようよ… 桜を一緒に見ようよ… と
私がスキップに語りかけていたのを覚えていてくださった次郎くんママが
お花屋さんを廻って探し出してきてくださった桜のおかげで、
スキップは最後に桜の下でお花見までできたんですよ〜!(嬉)


20130303_2.jpg


スキップが亡くなったのにこんな言葉を使うのはおかしいのかもしれませんが、
でも、幸せで胸がいっぱいになりました。

私一人では到底およびもしないような最後をスキップに迎えさせてあげられたのは
ほんとにほんっっっとにみなさんのおかげです。

感謝の言葉を何度重ねても、もっともっと伝えたくなるほどのありがたさです。

しつこいようですが(笑)もう一回、言っていいですか?(笑)


ほんっとに、ほんっっっっっっっとにありがとうございました!!!!!


スキップくん、みなさんに最後にお顔を見て頂いて
優しく撫でて頂いて良かったね。


20130302_1.jpg

ス:「みなさん、ほんとうにありがとうございます。
   ぼく、とっても嬉しいです。
   もしまた皆さんにお会いできたら、
   お礼のジャンピング・チューをさせていただきますね!
   そのときまで、ぼくのチューを楽しみに待っててくださいね!」


みなさんにスキップを偲んで頂き、時間が過ぎていきましたが、
そうこうしているうちに、この日の夜がやってきました。

一人になった飼い主。。。
かたちあるスキップと一緒に寝るのもこれが最後なんだな…と思い、
スキップの亡骸の横にお布団を敷いて
手をつないで寝ました。


20130303_1.jpg


うつらうつらして、ふと目を覚まし、
うつらうつらして、ふと目を覚まし、
その度に握りなおすスキップの手は、なんど握りなおしても冷たかったけれど
でも握りなおすたびに「ありがとう」と言う事ができました。



長くなってしまったので(汗)あともう1回だけ
次回へと続けさせて頂きます。
次回で「スキップの旅立ち」は最後になると思います。
ここまでの2回の記事をお読みいただき、スキップを見守って頂きまして
ありがとうございました。
願わくば、スキップの最後の最後の姿も見て頂けると嬉しいです。



スポンサーサイト



テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

スキップママ

Author:スキップママ
愛犬 しん & スキップ と
穏やかに暮らしたいと願う
ズボラなオッチョコチョイ人間

スキップ(1997.12.24〜2013.3.1)
2011.3.2に
癌(悪性末梢神経鞘腫瘍)の
摘出手術から無事生還!
後ろ足が不自由になり
おむつ生活が始まっちゃったけど
病気との上手なつきあい方を
模索しながら
前を向いて生きました。

しん(2014.8.1〜)
只今5ヶ月のおこちゃま。
おしっこ&甘噛み大魔王!(笑)
毎日を楽しく過ごす事が目標!

一人と一匹 & 心の中のもう一匹と
支えあって
明るく楽しくゆっくりと過ごす
毎日です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

リンク

車いすのお友達

同年代のお友達

ワンニャンを家族に迎える時は

検索フォーム

QRコード

QR